うつわ

私の母は食器が大好きで、昔から和・洋たくさんのお気に入りのうつわを揃えていました。
昔は、母が買ってくるうつわの良さが理解できず、全く興味がなかったのですが、血ですね。
いつの頃からかわたしも、同じ様にうつわに夢中になっていました。

その中でも特に骨董シリーズが大好きで、京都や近くの神社で行われる骨董市、骨董屋にも足を運ぶようになりました。
骨董は、少し欠けていたり亀裂が入っていると、どんなに良いお皿でも100円になってしまったり、時代が古くて柄が一枚一枚手書き、さらに質の良いものは、目が飛び出るような値段だったり、本当に様々です。

この間、実家に帰ったので母の集めた骨董シリーズでわたしが大好きなうつわ達をのせておこうと思います。

b0187865_23383975.jpg

白地に青い模様が多いシリーズの中で、珍しい赤絵入り
全て、手書き。

b0187865_2340324.jpg

江戸時代のもの。漆塗り。黒字に金の模様が美しい。傷みやすいのでこれは年に一度のお正月のお雑煮用です。上の写真の蝶の柄のものはこのお椀シリーズの蓋。裏側にまで模様があるところが良いですね。

b0187865_23545063.jpg

形がお気に入り(左)。何を入れようか考えるだけでも楽しい一皿。

b0187865_2344654.jpg

こういうガラス食器は特に好きです。ゼリーを食べたい。
青や緑、何枚あってもすてき。

b0187865_2345493.jpg

茶碗蒸し用。蓋をあけるのが楽しみに。

b0187865_23455186.jpg

大鉢。料理も美味しそうに見えてしまいます。

まだまだお気に入りシリーズがあるので少しずつまたの機会にアップしたいと思います。
by kapipara5 | 2010-09-23 23:53 | hobby
<< 急にさむい日々 サプライズプレゼント >>