3.11

連日の地震報道、胸が張り裂けそうになります。
信じがたい光景を毎日目にして、ショックで涙が流れます。
しかし、この寒さの中厳しい現実と戦っている被災地の方を想うと、そんなことばかりは言ってられません。

今できることは節電と募金しかありませんが、この出来ることをしっかりやっていこうと思います。

被災地に友人の実家があります。
昔、遊びに行ったことがあり、その時見た青い海や美しい砂浜、山や漁港の町を思い出します。
皆、避難して無事でいることを願っています。

今ある日常が一瞬にして崩れることはいつでもあり得る、どんな状況でも強い気持ちと平静さを持って行動できることの必要さを痛感しました。

一日も早く東北、関東地方が復旧できますように。
一人でも多くの人が助かりますように。

また、心より亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
[PR]
by kapipara5 | 2011-03-14 19:31 | tokyo
<< あたたかい季節 春を待つ >>