ひと山越えて

山口に戻ってから風邪で親子共倒れしてました。

最初双子のお姉ちゃんが鼻風邪。
それがすぐに妹とわたしにうつり、双子は鼻詰まりで(赤ちゃんは口での呼吸が苦手らしい)朝から夜中までとにかく狂い泣き。×2でこの上ない地獄を味わい、ついにわたしは悪寒が止まらず喉も激しい痛みに。

本格的にダウンして買い物にも出られず大ピンチ。
夫に泣きついて急遽午前休をとってもらい病院へ。
3人並んで先生に診てもらいました。
結果、「お母さんが一番重症ですね。」

が―ん

3人分の大量の薬をもらって夫はそのまま仕事へ。

もうしんどすぎて手とか震えながら薬のまして離乳食やっておむつ替えて鼻水拭っておふろやってあとは死亡。自分のことはなにもできずパンとかかじって生きてました(笑)


やっと双子は回復して元気モリモリに。
b0187865_13273020.jpg

わたしはやっぱり体を休めることができないのでなかなか治らず。
睡眠もちっともとれないしダメですね。こんな時に実家が近い人は本当に心強いです。
わたしは今回地獄を見ました。でも世の中には頼る人が近くにいないこういうお母さんはたくさんいますよね。だから母の強さってとんでもないものだと改めて痛感。

夫に「そうだ、クリスマスプレゼントは何が欲しいの?」と聞かれ、
「強靭な体」
と即答。

ほんとサンタさん、お願いします。

怒涛の毎日を送っていたらもう12月。
この月は毎年超忙しいので、病みながらも洋服箪笥の整理と年賀状の注文は済。
しんどくて年賀状用の写真撮れず、(双子も鼻水だらだらだったので)適当な写真になってしまいちょっと残念。
箪笥はもう着ない服とか整理したら馬鹿みたいに箪笥が空っぽに。
去年は巨大腹妊婦だったので全然服買わなかったのもありますが、なんだかすっきりしました。今はお洒落もあんまりできないし。
[PR]
by kapipara5 | 2012-12-05 13:31 | twins
<< 楽しい週末 山口帰省3 >>